●「セパ通信 NO4」より抜粋 

自尊感情を取り戻すムーブメントを
理事・インストラクター 福田 房枝

今、世界で、日本で、そして自分の周囲でも、こころ安らかではいられない情況があります。現れている現象は、国家間のこと、政治や経済、家族間、そして組織のことなどさまざまですが、その源をたどっていくと、そこに関わっている人間の、自尊感情の欠如が見え隠れします。

先日、小学2年生から中学1年までの14人を対象に、「いのちの声を聴く 自己尊重トレーニング」のワークショップが行われましたが、「自分のいいところ」はゼロ、何もない、と答えた子が、参加者の半数を上回りました。あらためて驚かされましたが、それが現実です。

でもワークを行った後には、そのうちの一人の子どもが、「私のいいところは、自分の意志で行動できること」と、はっきりした口調で答えてくれました。これも実践の意味が示された現実です。

自尊感情を取り戻す「この仕事」は、たいへん奥が深いです。その深さを知れば知るほど、自尊感情を高めることの大切さを多くの人に理解していただき、具体的なムーブメントを起こしていくことの必要性を、痛いほど感じます。



「自他ほめトレーニング」は 優しさの灯がともる
――乳幼児から高齢者まで、世代をこえて集える「家=居場所」での実践から――

◆NPO法人ふれあいの家−おばちゃんち 代表 渡辺美惠子


◎自他ほめトレーニングでエンパワメントされ、前向きな気持ちに◎
「子どもを産んでから、自分をほめることができなくなっていたけれど、プログラムの一つに取り上げてもらい、少々テレながらもやって行こうと前向きになれたのがうれしかった。」「ほめられることが素直に嬉しかった。子どものことが第一で自分のことは後回しにしてしまいがちな生活を送っているが、一度思いきって自分の為に行動してみたいと思う。」「子育てをしている中、毎日出来ない事、出来なくなってしまうことなどばかりに気持ちが向き、マイナスな考え方に傾いてしまう。そんな今の自分が好きになれなかった。そして、人からほめられると恥かしくって素直にありがとうと言えない自分がいたりするけど、これからは恥ずかしがらずに、自分の事をほめて見よう……そうすることで自分が変わる事が出来るのか、試してみたいと思う。」

これらは、私がファシリテーターを務めているカナダ生まれの親教育プログラム「NOBODY'S PERFECT−完璧な親なんていない−」のあるセッションで自他ほめトレーニングをアクティビティに取り上げた時の受講生の感想の一部です。どの方もエンパワメントされ、前向きな気持ちになっています。私はこのほか親準備教育プログラム「十代のためのベビーシッター養成講座」の普及も進めています。このプログラムはベビーシッターというより、若者のボランティア養成講座ということで乳幼児の発達や世話の仕方を学ぶプログラムです。ここでも取り上げて見ました。

優しさに満ちた空気の中で ほめ合うことの心地よさを味わう◎
「私は何事にも一生懸命取り組む自分を、えらいぞ!ってほめたいです。」とメンバーの一人が宣言するとそれを聞いた他のメンバーは知らず知らずに微笑み、拍手が沸く。こうして一人一人の宣言が続く、とても、うれしそうに、(時には自信無げに)、自分をほめ、仲間をほめる作業が進む中で、いつの間にか周りの空気は優しさで一杯になります。それは、ほかならぬ「あんしん」が確保された場になっているからです。大前提に、ここでの話は、ここだけのことと約束し、なお、トレーニングは @ほめ言葉を素直に受ける(否定したり、打ち消したりしない) A比較したようなほめ言葉は使わない Bうらやましがるようなほめ言葉は使わない C決して笑わない などをルールに進められますがこの約束がその場の安全を約束する大事なポイントです。かつ、「ほめる」という行為のトレーニングポイントだと思います。ついつい、自分を貶めて他人をほめてしまいがちですが、まずは自分を自分で沢山ほめた後、他人をほめる行為を繰り返しやっているうちに、心が大きく広がるのです。

◎ほめ上手、ほめられ上手となることで 呼び覚まされる自尊感情◎
謙譲の美徳が言われる日本の文化の中で、「いやいや それほどでも」とついつい照れて言ってしまいがところをぐっと我慢して、堂々と、自分の良いところを口に出し、「そのとおり!」と拍手をもらう。なんてさわやかな経験でしょうか。気持ちが暖かくなったところで、今日はじめて出会った人をほめる。ほめた自分も、ほめられた相手の人もなんだか力強さが沸いてくるのです。この時のエンパワメントされた心と身体が「いのち」に元気のはずみを与えてくれると確信しました。ほめ上手、ほめられ上手となることで、自尊感情を呼び覚まされ、また、トレーニングを積むことで、その感情が確固としたものに強化されることを手塚氏の講座で教えていただきました。私はこれからもさまざまな方々とご一緒に自他ほめトレーニングを続けていきたいと考えています。

NPO法人 ふれあいの家 おばちゃんち
この9月で活動を始めて3年目を迎えます。赤ちゃんから高齢者までが、世代をこえて集える「家=居場所」をこの品川のまちに作りたいと始めました。子どもが健やかに育ち、若者が輝き、大人が心豊かな暮らしを送るために、仲間に出会える身近な場所「おばちゃんち」がまちのそちこちに出来ることを願って活動しています。
http://npo-obachanchi.seesaa.net/



平均年齢75才の「あけぼの大学」で
<7月14日 埼玉県志木市「心と体のリラックス講座」>


入学資格が60才以上という市民グループ「あけぼの大学」で、「心と体のリラックス講座」と題して「フィーリングトレーニング」を行ないました。

平均年齢75才。参加者35人。

「80年間、一日も休まず働いてきました。心も体もこんなに気持がいいというのは生まれて初めての経験です」「80年近く生きてきて、自分の体に感謝したことがありませんでした。これからもっと大事にします」「長い間本当に良く働いてくれた体に、しみじみ感謝の気持が湧いてきました。」人生を長く生きてきた方たちが自分の命を感じる深さの度合いは、若い人たちとは格段に違うものがあり、とても胸を打たれました。(手塚)




受講しました 中級リーダー養成講座
――インストラクターの認定にむけて――
◆O.Jさん(30代・埼玉県)

中級リーダーの養成講座を受けて、また更に自己肯定感が高まり、すごくリラックスしている自分を感じています。自分を大切にすることが人に優しくするはじまりだと、身を持ってわかりました。

体が疲れている時や痛みがあるとき、痛い所や体に感謝すると、回復力がアップするし、フィーリングトレーニングをすることで気持ち良さが体に染み込んでいきます。

自他ほめトレーニングの実習は仕事をしていた保育園の子どもたちとやってみました。一回目はなかなか自分や友だちをほめられなかった子どもたちも、私が子どもたちをほめたり、まわりの子のいいところを言葉にするように心掛けたことで、2回目は 上手にできるようになりました。

家族やサークルのお母さんたちとも自他ほめトレーニングをしました。終わった後、みんなの目がキラキラして力が湧いてくるのを見て、とても嬉しかったです。残っている実習を終えて認定をとって、たくさんの人に伝えたい!! と思うとワクワクします。

SEPA通信・原稿募集
トレーニングの感想、実践の報告、SEPAへのお便りなど内容は自由です。みなさまからのメッセージ、お待ちしております!
HPのメールフォームにてお願い致します

発行人 / 手塚千砂子  

戻る