●「セパ通信 NO5」より抜粋 

*自分自身を受け入れ、命のスケールを体感*
◆K・Mさん(SEPA会員)

はじめて『命の声を聴く自己尊重トレーニング』を受講したのは 昨年11月、「あおもり子ども劇場」で講座を開いた時でした。私はスタッフとしてかかわったのですが、参加者の皆さんと一緒に受講させてもらいました。

ほんとに、ただ単純に誰でもできる体ほぐしをしながら、体に感謝の意識を向けてあげることで、ジュワーッと体の内側からこみ上げてくる感覚(命の声)を味わうことができました。とても不思議な感覚でした。自然と涙がこぼれてきました。自分の中心部が、よくぞ大切なものを見つけてくれた! と震えながら喜んでいるような感覚で、青森のもっと多くの人たちに体験してほしいと思いました。


その後、自分の親との関係や夫婦関係での大きな気づきがあり、これも講座で<自分の体への感謝>が体感できたからだと実感しています。今まで、自分の中で消化しきれていなかった過去を受け入れ、それを許すことを自分に許可してあげようと思います。それができたら、新しい自分に生れ変れるような気がします。たった、3時間という時間でしたが『命の声を聴く自己尊重トレーニング』で体感したことが、私が20年以上も抱えていた過去のトラウマにしっかりと向き合う決意を促してくれました。今まで私を支えてくれた、全ての人に感謝し、私をしっかりと丸ごと受け止め、愛を与えつづけてくれた夫と子ども達に改めて心から感謝しました。

2回目の受講は今年1月に行われた初級リーダー養成講座に参加したときです。
その時は、じわーっと「ありがたいナー」という感謝の気持ち(他に表現のしようがないのですが)が湧き上がりました。それが何に対する感謝なのか、2回目のトレーニングでわかりました。私が、今ここに存在している、そのことを実現させてくれている、大いなる力。初めての感覚だったので、なんと言葉で表現していいのかわかりませんが、私は守られているんだという感覚がわきあがりました。そして、その大きな力への感謝の気持ちが体の内側からあふれてきました。命の深さ、広さとでも言うのでしょうか、命のスケールの大きさみたいなものを体感できたような気がします。

一回目より二回目と、自分のなかでより感覚が研ぎ澄まされていくのがわかります。同じことを繰り返していく意味もわかったように思います。

一緒に参加された方々からも、たくさんの気づきをいただきました。一期一会の出会いを大切にかみしめられる人でありたいです。

ますます、一人でも多くの人に、こういう感覚をつかむことで人生に違いが起こってくる、ということを体感してもらいたいという思いを強くしました。

私にそのお手伝いができればと、心から思っています。

※3歳から中学生まで5人のお子さんがいらっしゃるK・Mさん、地域でも 子どもに関する活動に取り組んでいます。



*小学校 家庭教育学級で保護者の方々と*
◆SEPA認定インストラクター K・Kさん

まだまだ残暑の厳しい9月13日、埼玉県の公立小学校にて、「自己肯定感を高めよう〜自己尊重トレーニング」と題してSEPAの命の声を聴く自己尊重トレーニングを行いました。
出席者は小学校の保護者の方42名。

慣れ親しんだ公民館の部屋と全く違う学校の教室で、全く初対面の大勢の方々や、校長先生やPTA会長さんまでいらしていて緊張しないはずはありません。

でも以前受けたSEPAの研修のことを思い出して、(大事なのは自分の流れを保つこと、取り繕わないで自分の話をすること)私自身の話をトレーニングの内容の説明を兼ねて最初に正直にお話してから(このトレーニングを始めての体や心の変化やその後引き続いて起こった家族との関係の変化など)トレーニングを始めました。

椅子に座った体勢で、CDを流してワーク。場所は子どもたちが勉強している隣の教室だったので、時々チャイムが流れたり休み時間になって子どもたちの歓声や廊下に置いてある木琴を叩く音などが聞こえたりしていたにも関わらず、みなさんの集中が途切れなかったのが有り難かったです。


終わった後のみなさんの感想を紹介します。

一番多かったのは「自分をふり返る良い機会だった」次に「リラックスした」後は「自分に感謝していたわってあげることは大切」「ほめてあげようと思った」「ほめることは大切だとわかった」など新たな気づきを言葉になさる方、「いやされて元気が出た」「ラクになった」「来て良かった」「腰痛が楽になった」「ゆったりした気持ちになった」「体が温まった」「心が軽くなった」など精神的・肉体的なプラスの変化を言葉になさる方。その他「リラックス出来なかった」「(それまでは緊張していたが)後半になってリラックス出来た」という方も。各々感じ方は違って当然です。それにしてもこんなに大勢の方からプラスの感想をいただけるというのはとてもうれしいことです。

最初にとても緊張していた私は、講座を終えてすぐに記録係の方から「(私の話は)わかりやすい言葉で説明していたので、書きとめやすかった」と言ってもらいほっと一安心。まさにほめ言葉がほめ言葉を生んでいく事実を確認できた幸せな1日でした。

公民館の自主グループなどでワーク行っているK・Kさん、今回は地元の小学校からの依頼でトレーニングの実施となりました。子どもたちが日々過ごす教室を会場に、保護者のみなさんと行うトレーニングを通して、受講者の方々はもちろん、リードを担うインストラクターにとっても、新たな発見がたくさんあったのではないでしょうか。




初級リーダー養成講座を行いました・・・
【2005年1月23日 市ヶ谷SEPA本部】

大雪の青森から始発の新幹線でかけつけて下さったKさん、からっ風の群馬県から来られたMさん、双子の子育て中という超多忙のYさんを含む6名の参加でした。“やる気”いっぱいのエネルギーに満ちた講座で、私の方もワクワク。2ヵ月後のホームワーク終了が楽しみです。(手塚)


SEPA主催事業 子育てする人のための講座&ワークショップを行いました・・・
【2005年2月7、21日 東京ウィメンズプラザ】

SEPA主催では初の助成金事業となる「子育てする人のための講座&ワークショップ・命の声を聴く 自己尊重トレーニング」(東京ウィメンズプラザ民間活動助成事業)は、おかげさまで2日間の日程をぶじ終了、のべ50名を越える参加者の方々からはたくさんの感動の声が寄せられています。講師をつとめてくださったみなさん、会場スタッフ、保育スタッフとして関わってくださったみなさん、本当にありがとうございました!
     

10代のみなさんと「命の声を聴く 自己尊重トレーニング」を行いました・・・
【2004年11月〜1月 全国5ヶ所】

今年度、全国5ヶ所(兵庫、広島、北海道、東京、山口)で「10代の子どもたち(中高生)の子育て支援ボランティア養成事業」(主催:NPO法人 子どもNPO・子ども劇場全国センター)が行われました。この講座の中で「命の声を聴く 自己尊重トレーニング」が実施され、10代の受講者のみなさんは、乳児との接し方、若い親たちの現状、性や命についてなどを学ぶプログラムに先だって、それぞれ自らの「命の声」に耳を傾けるワークを体験しました。
「いろんな人の力があって、今の自分がいるんだとわかった」「生きているという実感を得られた」などの感想が寄せられました。しっかりと自分の命に向き合ってくれた10代の子どもたちをとてもいとおしく感じました。(手塚)

SEPA通信・原稿募集
トレーニングの感想、実践の報告、SEPAへのお便りなど内容は自由です。みなさまからのメッセージ、お待ちしております!
HPのメールフォームにてお願い致します

発行人 / 手塚千砂子  

戻る