●「セパ通信 NO6」より抜粋 

*苦しいときの力に*
◆代表理事 手塚 千砂子

そろそろ梅雨明け。太陽の恵みの中で、大自然との触れ合いを楽しむことのできる季節が近づいてきました。

命をはぐくんでくれる自然の恩恵に心を向けながら、自らの命の深さを時にはじっくり味わってみたいものです。

自己尊重プラクティス協会はこの春で3年目を迎えました。一年一年、着実に歩みを進め、少しずつでも「命の声を聴く自己尊重トレーニング」の実践が広がりつつあることは、とても嬉しいことです。これもひとえに会員みな様の熱い思いとご協力のおかげと、感謝いたしております。

昨年は、全国5ヶ所(広島、神戸、兵庫、山口、北海道、東京)で、10代の子どもたち(中高生)を対象に講座を行う機会を得て、「命の大切さ」を感じてもらったことが、特に心に残っています。

自分自身の、血の流れている命をいとおしみ、生命活動の神秘さに肯定的な気持ちを向ける―たった一度のことであっても、こうした経験を人生の早い時期にもつことは、大きな意義があると思います。苦しい時、追い詰められた時、死んでしまいたいと思うような時、何かしらの力になってくれるといいな、と願っています。

家族間で起こす悲惨な事件があとを絶たない昨今、ますます「命の声を聴く自己尊重トレーニング」の実践が社会に求められていると感じます。

実際に各地を回ると『もっとたくさんの人に受講してもらいたい。リーダーが近くにいたらいいのに』と言う声を多く聞きます。お互いに希望を持って、周囲に広げていきましょう。


*「私は私を大切」にする*
◆群馬 リーダー会員 M.Nさん

「わたしは・ぼくはたいせつないのち」(手塚千砂子作、れんが書房新社発行)を読んで、もっと深く知りたいと思いました。

この本の中で私が好きなフレーズは、「わたしは わたしを たいせつにする」というところで、口にするとちょっと気恥ずかしいような、でも自信のある気持ちになります。

このフレーズは手塚さんの許可をもらって名刺の裏にも書き入れています。知り合いにも本をプレゼントして、好評でした。

そんな時に、リーダー養成講座があるのを知り、興味をもって受講しました。

講座を受け、自分を誉める練習を始めてから、自分を批判的に見ることが減り、自分の努力を正当に評価でできるようになりました。

また、言いづらいこともきちんと言えることが増えて、自己表現の力もついてきたと思います。

これからは、このやり方や考え方をもっと多くの人に紹介していきたいと思います。


*太陽のように光を照らし*
◆宮崎 リーダー会員 M.Yさん

セパ通信をご覧になっているみなさま、はじめまして。
あるきっかけで「命の声を聴く自己尊重トレーニング」を受けることができて、本当に幸せでした。


子育て、主婦、女性として夢をもち生き続けている私が、少し道に迷っていた時期にこのトレーニングに出会いました。内容はとてもシンプルで「自分をほめる、人をほめる」ことが中心です。

「口から出てくる言葉をマイナスからプラスに変える、この訓練で人間の思考能力を変えることができるんですよ」という手塚先生の言葉はこころにしみました。「簡単ですよ。日々の実践で変わるのです」と。その言葉を信じ、3ヶ月のレポートを提出しつづけたら、自分というもの、人生観、今後やってみたいことが、はっきりみえてきました。私が私に戻った瞬間でした。

自分の心の持ち方や言葉を、少し意識して生活するだけで、こんな幸せな気持ちや、周りに対する感謝の気持ちが生まれるなんて、本当に幸せでした。特に身近なところでいうと、夫婦の会話や子どもとの関わりがとてもナチュラルになり、居心地がよくなり、笑顔が絶えなくなったのです。

これは、大きな発見でした。私が自分らしくいれば、子どもも自分らしく生きる。もちろん、夫も同じこと。そして、周りの対人関係もが素敵に発展するのです。このトレーニングを通じて、本当に幸せを感じられる今、私は次なるステップを踏もうとしています。

平成9年から夫婦ではじめた 寄席と縁日大道芸を愛する集団「花ふぶき一座」の活動において、とことん人と向き合う、自然と向き合う、「遊びの学校」を、今年の4月から月1回のペースでスタートしました。ここでもルールは「自由」「人をほめる」「自分をほめる」こと。

そして、そこが居心地のよい空間に生まれ変わり、20歳からの夢である「人の憩いの場」ができるんじゃないかなあと考えるだけで、うきうきして、どきどきして楽しくて仕方がありません。

自分の想いを素直に話し出したら、次第に輪が広がり、あちらこちらで応援してくださる人と出会っているところです。

人は発信するものですね。人に喜び、幸せを与える人間になりたいと強く思い、あれから15年。今やっと新しい気持ちでスタートがきれる予感がしています。人に幸せを与えるには、何よりも自分が幸せに生きていくことが大事なんですよね。太陽のように光を照らし、何人をも受け入れることのできる人間へと成長していくためにつぎなる勉強が始まりました。

全国のみなさん、このトレーニングをきっかけに、自分の人生を楽しんでいきましょう。私も実践していきますよ。

街のどこかで人の笑顔に出会える「花ふぶき一座」の活動も死ぬまで夫婦で続けていきたいです。このような気づきのきっかけになったトレーニングを受講できたことに感謝します。ありがとうございました

SEPA通信・原稿募集
トレーニングの感想、実践の報告、SEPAへのお便りなど内容は自由です。みなさまからのメッセージ、お待ちしております!
HPのメールフォームにてお願い致します

発行人 / 手塚千砂子  

戻る