●「セパ通信 NO7」より抜粋 

京都で初級リーダー養成講座を行いました
94日・25日 「気づいてくれてありがとう」 京都 栗田三恵子
200594日・25日の日曜日に、東京から手塚先生をお招きし、「初級リーダー養成講座」を京都で初めて開催しました。両日とも20名近くの方が参加し、遠方からは福岡や徳島、岡山からも駆けつけてくださいました。中にはご夫婦で参加くださった方もいて、ワクワクする意欲的な熱気の中で、みなさんと一緒に楽しい一日を共有することができました。当日は主催者ということを離れ、受講生の一人として学ぶことができ、たくさんの気づきをいただきました。

命の声を聴く「フィーリングトレーニング」で私自身に呼びかけてみると、心の奥底で「ここにいるよ、気づいてくれてありがとう」と言う声が湧き上がってきて驚きました。いつも忙しさを理由にして、「私そのもの」をどこかへ追いやっていたのだということにその時はじめて気がつき、嬉しくて、また自分に申しわけなくて涙がとめどなく流れていきました。でも、それはとてもさわやかな浄化の涙だったような気がします。たくさん自分をほめて、やさしく愛してあげることが私の「芯」をつくっていく。そして自分自身から始まった愛が、今度は他者へ向けられる愛につながっていくのだと思います。参加してくださった方が持ち帰った「愛」があちこちで大きく広がっていき、すべての人がそうなってほしいと願います。

私の想いが実現したことが今でも信じられないのですが、京都で開催することを思いついてから4ヶ月、準備から当日まですべてを自分達の手でやり遂げたことは、私にとって大きな自信となりました。協力してくれた友人の山田さんにもとても勇気と力をもらいました。先生には快く引き受けていただけ、本当に感謝の気持ちで一杯です。京都からもっと多くのリーダーが生まれるよう、これからもいろんな形でお手伝いさせていただきたいと思います
(エンパワメントオフィス スピカ主宰)
スピカの掲示板 http://6104.teacup.com/spica/bbsで「ほめ日記」を書き込めます。会員の皆さんもぜひ参加してください◆



“自分を大切にする気持ち”実践の輪が広がっています
         〜ファシリテーターorインストラクターの認定を受けて〜
子育て支援で活かしたい 北海道  S・S
一緒に養成講座を受けた仲間が近くにいるので、お互いにプラスの言葉を掛け合い、励まし合えて、「こんな私たちっていいな」と思いました。
トレーニングによって、ある重苦しい人間関係が改善されて、「自分のために大切に生きてほしい」と言うメッセージを受け止めてもらえたことは本当に嬉しいことでした。
子どもの権利も含め、人権や自己尊重というものを、育つ過程で教えられていないことに気づきました。“自分を大切にする”ことをみんなに知って欲しいと思います。ソレができれば、子どもをめぐる心の痛む問題が少しは解決されるのではないかと思います。子どもも大人も心豊かに生きられたらいいですね。
(子育て支援ワーカーズ「プチトマト」前代表)
 皆さんにすすめていきたい 千葉 I・K
セパのリーダー養成講座は実践的で日常的に役に立ちますので、皆さんにおすすめしたいです。レポート提出という課題があり、完了するところまで見届けてくれるところが、よかったです。
私自身は初級、中級と続けて受けたことで、自分をほめること、肯定することが定着化し、とても幸せです。根本のところから自分を変えていくので、底力が出てきました。中級の、他人をリードするロールプレイでは、自分の体や心への働きかけが、人にも伝わるのだということを実感しました。インターネットを使って何かお役に立てることはないか考えています。




東京・阿佐ヶ谷/7月3日
「命の声を聴く自己尊重トレーニング」を体験して
参加した皆さんの声
「自己尊重感、肯定感」 私が心の病を得、それが回復期となった時、いろいろな本やお話で、このことが、私にとって大切なものなのだとよく思っていました。しかし、それをどのようにしたら、心に身につけられるのか分からずに悩んでいました。SEPAの手塚先生に出会って、その事が本当に具体的に 簡単に、私にも身につけられる事を体験し、私の心は大きく変わりました。

最初に、インターネットで実践した時、気持ちがこれまで感じた事のない程、明るく、軽く、うれしくなったのを覚えています。そして、今日実際にワークを受ける事ができ、かたくこわばっていた心がやわらかく、軽くなるのを感じました。本当にすばらしい事だと思います。(今日、参加して本当によかった!) ここにこうして、生きて、存在している事だけですばらしい。 自分に心からそう言ってあげられました。

また、ワークの中でお隣の方に若い頃よく言われた褒め言葉を言っていただき‘ハッ’としました。忘れていた素敵な自分にも再会しました。これから、「ほめ日記、ほめCD、ほめ本」などで、もっともっと力をつけて素敵な自分になって、今度は周囲の人にもこの喜びを伝えられたら、嬉しいなぁという希望を抱いています。手塚先生、SEPAの皆様に感謝です!

参加してよかったと思いました。自分をほめていて、こうして自分をほめた事も人にほめられた事もない、ほめられたとしても100点から比べたらまだまだ・・・と思っていて、精一杯やってると肯定できませんでした。 私、ほめられたかったんだ。やってもやっても、際限なくてさびしかったんだ。心も体も自分の事も感じた事も、感じようともしていなかったことが分かりました。ありがとうございました。

忙しい毎日で、自分を見失っていた中でゆったりと自分を見つめなおす事ができ、とても優しい気持ちを取り戻す事が出来ました。

ほめてもらう事って、頭で理解していた以上に心に響いて涙が出てしまいました。 うちへ帰って、自分の子ども達にも、言葉で口に出していっぱいほめることを楽しもうと思います。

仕事でも、友人でも、いっぱいほめるところを見つけて少し照れながらでも口に出していきたいなぁと思いました。今日は素敵な時間を過ごす事が出来て、本当にありがとうございました!
仕事でのトラブルがあったり、息子が精神的トラブルで仕事を辞めるなどあり、落ち込んでいました。お友達のYさんから今回の講座のお誘いを受けました。今の自分にはとても勉強になりました。よき友達に感謝。そんな友達をもった自分もほめられるかな。ありがとうございました!

先生の、目力はすごいなと思いました。  長年、気功をやっていてちょっと呼吸など同じようで、とてもすんなり入っていけ、体が温まるのを実感しました。
体のリラックスをしていて、ポカポカと温まるのがとても気持ちよかった。頭部のリラックスが、うまくいかずもう少し時間をかけて、リラックスをしたい・・・と体が訴えていたと思う。他の部分は本当に軽くなって自分の体が自分のものでないような、床と一体化するような感覚を覚えた。

自分をほめる言葉はたくさんは思い浮かばなかった。日々、もがきながら自分のあり方を模索しているというのが今の自分の状況で、そんな私はほめるに値すると思う。多くの人が、やはり苦しみ頑張っている事を知り、この場に参加できてよかった。

最近子育ての事で悩み?迷いがあったので、ここに来ました。毎日、そのことでドキドキして、自分に自信が無かったり、やけになったりしていました。でも、今日ここに来て、また自分を取り戻したような気がします。自分の内側を信じる事が、今の自分にとって大事なように思いました。心をおちつかせ、自分に感謝をむける、ほめ日記をつける。続けていこうと思います。

この場所に、来れてよかったです。また、明日頑張れそうです。
一番大切な事を短い時間で感じる事が出来ました。「不完全な自分を受け入れ、許すこと」の大切さと難しさ感じています。すべて体から来ていることも分かりました。無理している自分に気付かされました。
日々の生活の中で、職場の問題をかかえて、背負っているようで(自分自身の問題というよりは、職場全体の問題)、肩が重く、だんだん萎えていました。また自分を取り戻し、自己尊重感をじっくりと抱くことによって、大丈夫と言えました。穏やかになりました。 じわーっと力が湧いていくようです。見るものがすべてやさしく写ります。
最近、自分のことを色々な言葉で否定していました。辛くなり、お友達にお知らせをいただいて参加させていただきました。 瞑想のように自分の身体や心をみつめるトレーニングは、とても気持ちよかったです。又、自分をほめ、隣の方にほめていただいて、嬉しいなと思いました。先生の「誰にも認めてもらえない、ほめてもらえない、とつらい思いをためこまないで、自分で自分をほめてあげましょう」という主旨のお話は、今の自分にぴったりで、家族や他の人々に認められないで怒っていた自分を、自分でほめていきたいと思いました。日記(ほめ日記)にするのは、後で読むことができるし、でも続けることができるかなと思いました。今日の日を与えていただいて感謝! 又、今日の日を選んでセミナーに出た自分をすごいねとほめたいと思います。
自他ほめトレーニングは、やってみたらなかなかおもしろかった。他の人が自分をほめる姿を見ていて「好感を持てるものだ」ということを感じた。自分をほめることを、人前ではしない、できないというような社会、環境で育ってきたけれど、これからは堂々と自分のことを良く言ってみようと思った。それで批判されたり、嫌われたとしても、それを気にしないようにすればいいだけで、堂々とほめている方がかっこいい、楽しいということを、今日感じたことを忘れないようにしようと思った。
子育てや仕事、学校でのいじめなどで、自己否定的に考え、孤立感を持った人たちが、“自分の存在”を認めてもらえる”場“としてこの講座は効果があると思った。誰しも他人からほめられたい、認めてもらいたいと思っているから。そういう”自己確認“を講座で行うことを通して、癒され、自己回復(再生)していくのだろうと思った。何か悩みやトラブルをもつ数人のグループで、お互い”ほめあい“、自分をほめるというワークショップの方法は興味を持ちました。ありがとうございました。
SEPA では自主団体や自治体主催の講座など、様々な形式でトレーニングを提供しています。開講のご依頼・ご相談はインストラクターまたは本部へお問い合わせください。ぜひ、どうぞ!

SEPA通信・原稿募集
トレーニングの感想、実践の報告、SEPAへのお便りなど内容は自由です。みなさまからのメッセージ、お待ちしております!


お問い合わせはこちらのHPのメールフォームにてお願い致します☆

発行人 / 手塚千砂子  

戻る