●「セパ通信 NO8」より抜粋 

東京ウィメンズプラザフォーラムでSEPAの主催講座を行いました…
自分を愛し、人を愛するための「自己尊重トレーニング」
● 東京・渋谷 10月14日 ●  18時30分〜20時30分


毎年様々なNPO団体が参加する東京ウィメンズプラザフォーラムにSEPAが初めて参加しました。10月14日15日の2日間、24の団体が講座やパネル展を行い、SEPAの講座には40名近くの人々が集まりました。

講座の内容は…
@「講演 子どもと自己肯定感―保育の場で感じたこと」講師:重田紀子
A「命の声を聴く自己尊重トレーニング」講師:手塚千砂子、福田房江、田頭祐子

事前に申し込みした方のほかにフォーラムに来て初めて講座を知り、飛込みで参加してくださった方もいました。女性だけでなく男性も3人、親子での参加もあり、活気のある会場には、プラスのエネルギーがいっぱい溢れていました。 (佐野 記)




◆講座に参加した3人の方の感想です◆

友人に誘われて青山のウィメンズプラザの2時間の講座に参加しました。「命の声を聴く自己尊重トレーニング」は初めての体験でしたが、力強い手塚千砂子さんのリードでどんどん自分の奥深くに入っていく私がいました。

ついつい反省しダメなところ探しをして安心する癖のある日常を再確認しつつ、自分自身の生きようとする健康な私の声を聴くのって大事だよな〜と身体と心を近づけていく気持ちよさを実感しました。芯にしっかりと生き生きと在る私を感じたいけれど、日々の事柄にまぎれてしまっていて、押し込めてしまっていたようです。初めて会った人たちとのグループワークでは、素直に相手を感じて素敵なところを口に出せるうれしさを感じました。

誘ってくれた友人と最後に抱き合って「ここでもまた会えたね。大切な人。」と言葉にできないうれしさや感謝を受け取りあうこともできました。ほめ日記ときどきサボるけれど始めています。(N.Y)


今まで順調に成長してきたと思っていたところ、障がいを持っていると言うことをまるで不治の病のごとく医師から宣告されたように受け取り、相当なストレスを感じていました。

そのことで、自分自身に責任があると責めてしまったりして、それは子どもにも当然影響を及ぼすことになりました。

そんな時にこのトレーニングを知り、2人で参加することができ、私たち親子にとっては救われたように思いました。

命の声を聴く自己尊重トレーニングを体験して、体の中から安心というか、ほっとしたような気持ちになり、楽になれ、肩の荷がおりたといった感じがありました。

今は以前と違い、前向きになり、生活面学習面においても弾みがつき、意欲が出ている子どもになっていっています。(O.R 母)


今日感じられた事は、ふわ〜ときて、気分転換になった事です。理由は、今までは自分の頭にマイナスの事を言ってしまい、「今日一日働いてくれて、ありがとう」と言う気持ちを伝えられなかったからです。良かった所は、自分の事がわかったり、今どの状況にいるのかなどを知れたりするところです。(O.T娘)





◆手記◆  
薬がいらなくなった。(埼玉・匿名希望)

出産してから自律神経失調症の症状が出てきました。めまい、過呼吸、不安と恐怖、自分が自分でなくなってくる感覚。だんだん辛くなってくるので、心療内科に通い、薬を飲むようになって4年近く。

自律神経失調症って、いったいどうやったらなおるの? どうしたら以前のように元気になれるの? こうなったのはあのせいだ、あの人のせいだ、と後悔とマイナスのエネルギーを使うことばかりしていました。

西洋薬で症状は緩和するけど、そればかりでは何の解決策にもならず、逆に薬の不安感も重なり悪循環。

「命の声を聴く自己尊重トレーニング」を受け、自分を許し、認めてあげ、体の力を抜いてあげる。「今まで本当に私はがんばってきた」と心から思い、自分自身でその思いを自分に伝えてあげる。ただそのくり返しでした。

2ヶ月たって、薬がいらなくなってきたということは、そこに解決策があったのだと思います。薬に頼らず自己管理できるようになってきました。

体調を崩したとき、冷静な自分でありたいと願っていました。今その願いに到達したのかもしれません。とてもうれしいことです。

今までいかに自分を責めてきたのか、大切な自分をそっちのけで、周りの意識に振りまわされてきたことがわかりました。

今もまだスッキリとはしていませんが、しんどくても辛くても悲観することはなくなったので、立ち直りが早くなりました。拍手です!

体はしんどいけど、気持ちは前向きで、このトレーニングに出会えて本当によかったと思っています。

自分を肯定してあげることで環境が良い方へ変化することを体験したので、きっとこれからも私の中で、このトレーニングがくり返されていくことでしょう。

私の奥の奥では幸せな自分を感じていて、辛いことも肯定して流していける、そう思える私はすばらしく、誇りにも感じます。

自分を大切にすること=すべてを大切にすることにつながりますように。

そして自然にその想いが周りに伝わっていきますように。



過去のマイナスを活かせる喜び(K.A) 
  奈良 11月23日

中級リーダー(インストラクター)の認定を受けて、初めて子どもも参加してのワークショップを開かせていただきました。すごく勉強になるなあと思う反面、練習の段階でかなりのプレッシャーがありました。しかし、手塚先生のアドバイスで、成功している自分のイメージを作り、何度も何度も“堂々とリードをしている自分”を思い浮かべながら自分を励ます時間を過ごしました。

当日は、自他ほめトレーニングに親子で7名、フィーリング・トレーニングに大人4名が参加しました。学童前の子どもたちが走り回って、集中しにくい状況でしたが、とにかく自分に中心を置き、気持ちが乱れないように集中。私たちの中に潜在している素晴しいものについて、そして私自身の体験を混ぜながらの話にエネルギーを注ぎました。すると、騒がしいにもかかわらず、参加者が集中して聞いてくれていることに気づきました。その集中した雰囲気に助けられて、イメージどおりに説明をし終えました。悪条件にも関わらず、よくぞ切り抜けられたと私自身に感心しました。

自他ほめトレーニングでは、自分のいいところを書けないお子さんがいました。1度目、「当たり前のことでもいいんですよ」と促しました。手助けをしたい衝動にかられましたが、ぐっと抑え、相手の力を信じて見守りました。

フィーリング・トレーニングでは、とにかくそれぞれが自分に集中し、リラックスできるようにと強く思いを抱きながら、それぞれに訴えかけるように頑張りました。そのときに私の体が感じたことを織り交ぜながらリードをしました。その結果、参加者のアンケートで「じーんと感じた」、「すごくリラックスできた」、「やるべきことがみえた」などの感想をいただくことができました。子どもたちは、「楽しかった」、「(ほめられて)うれしかった」と言っていたと親御さんから聞くことができました。そして後日、「親子でほめあったよ」と嬉しい知らせをもらいました。

「命の声を聴く自己尊重トレーニング」を伝えることができて本当に良かったです。私の過去の体験がここで活かせたことの幸せ、満足感を真に感じられました。嬉しくて嬉しくて…。

この体験によって、イメージどおりの(堂々とした)私を発見し、私への信頼と賞賛がますます増しました。さらに、
さまざまな過去のマイナスの出来事を自然に肯定できました。なぜなら、過去の体験を活かして生きていて、さらにそれを広げようと努力している私自身は、何よりも尊い宝物だと気づくことができたのですから。


SEPA では自主団体や自治体主催の講座など、様々な形式でトレーニングを提供しています。開講のご依頼・ご相談はインストラクターまたは本部へお問い合わせください。ぜひ、どうぞ!!

SEPA通信・原稿募集
トレーニングの感想、実践の報告、SEPAへのお便りなど内容は自由です。みなさまからのメッセージ、お待ちしております!


お問い合わせはこちらのHPのメールフォームにてお願い致します☆

発行人 / 手塚千砂子  


戻る