●「セパ通信 NO9」より抜粋 



都内N小学校 よしだ先生の熱い取り組み

〜「自分は宝物なんだ!!」と言えるように〜

東京都内・N小学校。4年生を担当するY・Eさんは、授業以外の場にセパのプログラムを積極的に取り入れ活用しています。「子どもたちのためだけでなく、私自身の喜びにもなっています」と語るYさん。どんな取り組みをしているのか、お話をお聞きしました。(文責・手塚千砂子)


手作り「ほめ日記」に毎日書き込み

私自身がセパの講座を受けてみて、これは子どもたちの自尊感情を育てるのにとてもいいな、と思いインストラクターの講座を受講、子ども向けのプログラムも学びました。

クラスで最初に自他ほめトレーニングをしたときは、子どもたちは自分のいいところもわからないし、友だちに対しては攻撃するようなことばかり言って、ぜんぜんできませんでした。そこで一人一人に手作りの「ほめ日記」を渡して自分のいいところをさがす習慣をつけてもらうことにしました。「元気がいいね」「がんばっているね」と自分をほめられるようになった頃から、自他ほめトレーニングはうまくいくようになりました。自分の良さがわからない子どもはお友だちの良さもわからないんですね。また、親が子どものマイナス面ばかり見て育てているうちの子は、私が毎日どんなにほめてあげても、なかなか自尊感が育っていかない、というジレンマがあります。


「ほめ日記」は毎日提出してもらい、私がそこにほめ言葉を書き込んで返す、ということをしています。作業としては時間もかかり、帰宅も遅くなるのですが、私が見逃している本人のプラス面がわかったり、気持ちがわかったりして、子どもたちを理解するのにとっても役に立っています。それに「ほめ日記」を読む時間はすごく幸せを感じるひと時でもあります。


学芸会で 「ひとりひとりが宝物!!」

2005年11月、学芸会で「少年少女冒険隊」という劇をしました。内容は「親に反抗して子どもたちが家を出て宝物をさがしに行く。しかし途中で、<宝物は自分たちひとりひとりなんだ>と気がつく」というものです。

この劇の意味を子どもたちがしっかり心と体でつかみ、自尊感情を育てられるように、
「主役は自分、自分は宝物」という合言葉を作り、練習の合間に自他ほめトレーニングやフィーリングトレーニングを何回か行いました。

またフィーリングトレーニングの誘導の文言をアレンジしてセリフに取り入れさせてもらいました。

少年全員:ぼくたち、ひとりひとりが宝物なんだ。

夜回りふくろう:そうなんじゃ、自分のいいところを探したり、友だちの良いところを見つけてほめたりすると、宝物つまり「いのち」はきらきらかがやくんじゃ。
さあ、宝物の自分をだきしめて、心臓のこどうを感じてごらん。一日にだいたい十万回も動いているんじゃ。君たちが生まれてからずっとずっと休みなく動き続けて新鮮な血液を体のすみずみまで送り出してきた心臓じゃ。

少女1:なんてすばらしい体の働き…。

少女全員:わたしたち、ひとりひとりが宝物なのね。 
――とこんなふうに。このセリフのあと全員で♪ひとつしかないもの♪(手塚千砂子作)を合唱するんです。

劇は校長先生はじめ、みなさんから「良かった」とほめてもらいました。練習の指導は大変でしたが、子どもたちの「一生懸命やった!」という満足の笑顔を見て、私自身も充実感と喜びをいただきました。おかげさまで子どもたちにとって「財産」となるような   劇ができたと思っています。

劇のあと、子どもたちは落ち着いてきたように見えます。あと3ヶ月、この子たちと過ごしますが、「自分は宝物だ!!」と胸を張って言えるように支援していきたいと思います。  (2006年1月)




初級リーダー養成講座を行いました

● 東京・港区 みなとNPOハウス ●

受講者:14人 講師:手塚千砂子 他

12月4日(日)、この日は気温が低く、寒さが心配でしたが、受講生ひとりひとりの命への温かい思いが、心地よいエネルギーとなって会場に満ち、寒さを吹き飛ばしてくれました。

東京  Z・Tさん  

フィーリングトレーニングのとき、私の命に対して、ちっぽけでかけがえがなくてたまらなく愛おしい、という感情が体の中からわいてきて驚きました。単なるリラクゼーションではここまで気づけなかったと思います。この気づきを大切にして生きていったら、人生変わるだろうな、と思いました。職場(中学校)で、生徒にぜひ体験させたいと思います。


神奈川  k・Mさん
肩こり、腰が痛いなどはその部位ががんばってくれている、そして知らず知らず負担をかけてしまっている、ということに気づきました。嘆くのではなく、よくがんばっているね、ありがとうという言葉をかける大切さ、その言葉を心から発せられる気持ち、そういうものを常に持ちたいと思いました。また、自分をほめ、人をほめたときのジワーッとした温かな気持ちを大切にしたい、普段から自分をほめ、人をほめ、ということを積み重ねていきたい! と強く思う自分がいました。



 各地のリーダーから報告 

子育て支援者の研修にも
北海道)K・Y(ファシリテーター)

1217日、NPO法人北海道子育て支援ワーカーズ主催の会員研修会において自己尊重トレーニングを行いました。30人の参加者を10人ずつ3グループに分け、3人のファシリテーターで進行しました。始める前はどんなことをするのかな?とメンバーは皆、興味深々。まず自分の良いところをほめる、次は子育て支援の仕事をする仲間同士相手の良いところをほめあう。ほめたりほめられたりの経験は日ごろあまりしていないことなので、くすぐったい様な…。終了後、「とても気持ちが良く、温かい心になれた」と参加者からの声が聞かれました。思うだけじゃなく、声に出して言ってみる。前向きな自分に出会える魔法の一言「〜する私はすごいと思います!」



SEPA通信・原稿募集
トレーニングの感想、実践の報告、SEPAへのお便りなど内容は自由です。みなさまからのメッセージ、お待ちしております!


お問い合わせはこちらのHPのメールフォームにてお願い致します☆

発行人 / 手塚千砂子  


戻る